Estimate of the number of the software potentiality defects: Quality reliability growth model Yoshiyuki Kumagai

ISBN:

Published: July 28th 2014

Kindle Edition

39 pages


Description

Estimate of the number of the software potentiality defects: Quality reliability growth model  by  Yoshiyuki Kumagai

Estimate of the number of the software potentiality defects: Quality reliability growth model by Yoshiyuki Kumagai
July 28th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, AUDIO, mp3, RTF | 39 pages | ISBN: | 3.76 Mb

欠陥が潜在するソフトウェアをテストして、実際に欠陥がほとんどゼロに近づいたかどうかを予測することは、非常に困難である。ソフトウェアの潜在欠陥数を推定するには、いくつかの方法が知られている。ひとつは、「クジラの個体数推定のアナロジー」として知られている方法である。クジラの個体数推定のアナロジーは、広い海の或る海域に棲息するクジラの数をできるだけ正確に知ろうとする方法で、先ず一定数のクジラをその海域で捕獲し、捕獲したクジラにマークを付け、再びその海域に放ち、再び捕獲した時に、More欠陥が潜在するソフトウェアをテストして、実際に欠陥がほとんどゼロに近づいたかどうかを予測することは、非常に困難である。ソフトウェアの潜在欠陥数を推定するには、いくつかの方法が知られている。ひとつは、「クジラの個体数推定のアナロジー」として知られている方法である。クジラの個体数推定のアナロジーは、広い海の或る海域に棲息するクジラの数をできるだけ正確に知ろうとする方法で、先ず一定数のクジラをその海域で捕獲し、捕獲したクジラにマークを付け、再びその海域に放ち、再び捕獲した時に、マークしたクジラが捕獲した総数に占める割合によって、その海域全体のクジラの数を推定する方法である。このアナロジーと同じ方法でソフトウェア潜在欠陥数を予測する方法は、欠陥埋込法または捕獲・再捕獲法と呼ばれている。この欠陥埋込法を使ってソフトウェアの潜在欠陥数を予測することが可能になる。ソフトウェア欠陥埋込法の場合には、本番のテストを実施する前に、いくつかの欠陥を発見しておき、それらを記録した後、修正せずにしたまま本番のテストを実施する。これによって本番のテストでは、記録されている既知の欠陥と未知の欠陥が発見&



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Estimate of the number of the software potentiality defects: Quality reliability growth model":


himalajeherbaty.pl

©2013-2015 | DMCA | Contact us